賃貸住宅で予期せぬ火災に対応した保険の必要性が理解できる情報サイト

賃借人が検討しておくべき火災保険特約とは

火災の損害賠償責任に備えるための補償とは

借りていた部屋で火災が起きて、損害賠償責任や補償問題などが発生した場合にはどのように対処したらよいでしょうか。
賃貸住宅に係る損害保険や補償について、以下のように整理できます。
まず、自分の部屋から失火して類焼してしまうと、自分は加害者になります。
この場合には、個人賠償責任保険特約に加入していると、隣室などに対する損害賠償責任に対応できます。
また、借家人賠償責任保険特約(借家人賠償責任補償特約など)に加入していると、家主などの賃貸人に対する損害賠償責任に対応できます。

次に、近所の建物などから失火して火災に巻き込まれると、自分は被害者になります。
この場合には、建物と家財に対応した火災保険に加入していると、自分の損害を補償してくれます。
あらかじめ損害賠償の負担に耐えうる保険について検討しておく必要があります。

失火責任に応じて知っておきたい補償がある

自分の部屋から出火して近隣を類焼させたか、近隣から類焼されてしまった場合に備えて、火災保険に類焼損害補償特約をつけるとよいでしょう。
これは、類焼先である近隣の方の火災保険では不十分なときや法律上の賠償責任が生じないときであっても、修復費用などをカバーするだけの補償をしてくれます。

この特約はあくまでも損害賠償をするための保険ではなく、類焼先の方の火災保険に不足があるときにカバーしてくれるものです。
類焼先の方の火災保険で修復費用を十分満たすのであれば、補償特約の適用はありませんので注意が必要です。
すなわち、類焼した相手が修復費用に対応できるだけの火災保険に加入していて、そのとおり保険金の支払いを受け取れるのであれば、この補償特約からの支払いはありません。


Shear!

B!