賃貸住宅で予期せぬ火災に対応した保険の必要性が理解できる情報サイト

賃貸人にも加入しておきたい火災保険がある

賃貸人のアパート経営を万全にするために

賃貸住宅で火災が起こった場合に、オーナーなどの賃貸人にとって困ることは建物を修復する間の家賃収入が途切れてしまうことでしょう。
こんなときに家賃収入を補償してくれるのが家賃補償の特約です。
火災保険にこうした特約をつけることが所有する建物の損害を担保するためにとても重要になります。
万一のさまざまな損害などに備えるために必要な特約なのです。
後で後悔することのないよう、賃貸住宅経営を手堅く行ううえで所有する建物の状況に合わせて保険特約の検討が必要です。

受け取る保険金額には時価と新価(再調達価格)があります。
時価は、建設当初の価格から経過年数によって劣化した分の価値を差し引いた保険金額となります。
この場合、修繕などに必要な補償額には不十分です。
一方、新価であれば必要十分な補償がなされます。
その分、支払保険料は高くなりますが、賃貸住宅経営を安定的に継続させたいのであれば新価を選択するとよいでしょう。

木造住宅を賃貸する場合に検討すべきこと

住宅が密集する地域で賃貸住宅サービスを営む場合には、火災が起こった途端、想像以上に早く損害が拡大する恐れがあります。
首都圏をはじめ住宅が密集していて、かつ木造住宅が建ち並ぶような、木造住宅の密集地域も多く存在します。
路地裏が狭いエリアでは、火災発生時に消防車がなかなか入れず、大規模な火災につながる危険性があります。

多くの自治体では、こうした木造住宅が密集する地域での火災を防ぐために不燃化促進事業を行っています。
この事業には、木造アパートなどの建て替えに対して助成金で補助したり、固定資産税の優遇措置などがあります。
賃貸住宅の老朽化で木造アパートの建て替えを検討しているオーナーなどの賃貸人にとっては、活用の余地があるでしょう。


Shear!

B!