賃貸住宅で予期せぬ火災に対応した保険の必要性が理解できる情報サイト

損害賠償だけでなく自分の財産のためにも火災保険を活用しよう

賃借人の部屋から出火したら責任を負うのか

一人暮らしなどをする際に、賃貸住宅の契約に関わることも多いでしょう。
賃借人が気になるのは、自分が借りている部屋で火事になり、部屋や建物などに損害を与えてしまったら、その賠償はどの程度になるのかということでしょう。

失火責任法によれば、たとえば天ぷら油の入った鍋を加熱中にその場を離れて出火させた場合などの失火者に重大な過失がなければ、失火者は損害賠償責任を負いません。
賃借人の立場で火災の火元となってしまっても、重大な過失がなければ、大家さんなどの賃貸人に対して建物の修復費用などの責任を負いません。
これは、仮に隣室から出た火災によって、自分の部屋が焼失しても、原則として失火者に対して家財一式を弁償させることができないことを意味しています。

原状回復などを賄うために火災保険が不可欠

火災で部屋を焼失しても重大な過失がなければ損害賠償責任を負わないことになりますが、この原則は賃貸借契約によって修正されるのが一般的です。
それは、この契約によって賃借人には退去時に原状回復義務が課せられます。
これによって、火災で焼失して損害を与えた場合には原状を回復させるための損害賠償責任を賃借人が負うのです。

そこで、火災保険の加入検討が大変重要となります。
賃借人は、通常であれば家財保険と借家人賠償責任保険に加入することになります。
保険商品名や補償内容を見ても読み取りにくいこともありますが、これらの趣旨が確認できれば賃借人の責任を確実に担保してくれるでしょう。
隣室などから受けた火事で自分の部屋や家財が被害にあっても、失火者に損害賠償を請求できませんが、これらの火災保険がある程度カバーしてくれます。
自分の財産をカバーできる程度の火災保険に加入しておく必要があります。


Shear!

B!