賃貸住宅で予期せぬ火災に対応した保険の必要性が理解できる情報サイト

賃貸住宅で火災が起きたらどうなるの?どんな準備が必要?

  • 損害賠償だけでなく自分の財産のためにも火災保険を活用しよう

    賃貸住宅の契約をするときには、必ず火災保険の加入が求められます。 この保険に加入することで、万一の場合に備えます。 賃貸契約時に、加入の申込みを求められる場合がほとんどです。 ただし、不動産会社などから言われるがままに契約してしまうと高くついてしまうおそれもあるので注意が必要です。

  • 賃貸人にも加入しておきたい火災保険がある

    大家さんなどの賃貸人にとっても、自分の所有物である賃貸住宅が火災などの被害に遭うことを想定した対応が必要です。 賃貸人が加入する火災保険は、賃貸住宅の建物を補償する保険です。 火災に限らず、さまざまな自然災害が頻繫に起こる国内で想定される損害に対し、どのように対応していくかを確認しておく必要があります。

  • 賃借人が検討しておくべき火災保険特約とは

    火災などの損害で財産を失ってしまった場合に頼りになるのは、保険ではないでしょうか。 支払保険料が掛け捨てになるを考慮しつつ、法的に求められる損害の賠償ができる程度の保険に加入できればよいのですが、現実には保険料が膨大になるため、最小限にならざるを得ないようです。

不測の火災に備えるために火災保険の加入が求められる

賃貸住宅に係る火災保険には、大家さんなどの賃貸人のためであったり、部屋を利用する賃借人、近隣住民など、それぞれの立場に対応したサービスが用意されています。
火災で近隣住民に損害を与えた場合などに適用される保険には、個人賠償責任保険があります。
この補償内容には、水漏れで階下の部屋に損害を与えた場合などにも適用があります。
すでに加入している他の保険がある場合には、その中身を確認して、補償が被らないように注意しましょう。

火災保険に加入するメリットは何か。
賃貸住宅で万一火災などを自分が起こしてしまった場合、建物自体は大家さんなどの賃貸人が加入する火災保険でカバーできます。
問題なのは、自分の家財や修復費用、近隣住民への補償などは、賃貸人の火災保険ではできないことです。
このような桁違いの負担から自分を守るためにも、賃貸契約の際に火災保険に加入することにはメリットがありそうです。

ただし、不動産会社から勧められるプランについては、十分吟味しなければなりません。
家財など人の持ち物は各々で当然異なるので、補償額も異なるはずですが、勧められる大方のプランはすべてがセットされたものになることがほとんどです。
たとえば、単身で家財もそれほどないのに、家財補償が500万円も必要なのかをよくよく考えるべきでしょう。
家具や家電などの生活用品一式を改めて買い直してみると仮定すれば、500万円ものの費用が本当にかかるのかどうかは明らかでしょう。
よほど高価な貴金属類などを保有していない限り、単身であれば家財補償は200万から300万円程度で十分でしょう。
なお、高価な貴金属や美術品などを所有している場合には、保険契約の際に別途申告が必要です。